ニキビ跡はずっと残りやすいので早めにケア 

投稿者: | 2018年4月6日

 

ニキビ跡で嫌なのがそのままにしておくとずっと顔に残りやすい点だと思います。

10代の頃であればニキビ跡なんてなんのその。

そのままにしておけばターンオーバーの周期で勝手に回復していったのに、20代の場合はそのままにしておいても治らないのが現実です。

ニキビは芯がありそれをケアするのが時間がかかります

 

鏡を見てもわかるようにニキビは芯が見えるタイプと見えないタイプがありますが、どちらもニキビの原因である芯はついているのでケアすることが大事になってきます。
ニキビの場合処方で内服薬や外用薬を用いて炎症を防ぐ方法を用いたりして対処するのが通例ですね。

その場合赤ニキビや黄ニキビに対してある程度効果は高いと思いますが一番厄介なのがまたニキビが出来る可能性があるということだと思います。

 

 

ニキビの再発&抑えたい

ニキビの再発や出来てしまったニキビを抑えたいと思っている人はリプロスキンが有効

リプロスキンは導入型柔軟性化粧水として肌の奥に浸透させケアさせることが目的です。

これは、しっかりとニキビをケアさせる上で非常に重要なことです。

 

その場合は圧倒的にニキビ炎症に効果の高い化粧水を使うのが一番。

ニキビは治すのに時間がかかるのは肌の奥にしっかりと成分が行き通るようにすることは大切な要素です。
ほとんどの化粧品でそうですが、成分をキッチリ肌の奥に浸透させることが出来て肌に良い結果をもたらすことに繋がりますがそれが成されていないものが多くあるように感じます。

 

化粧品の場合ネームバリューでなんとなく肌に良い気がする化粧品はいくつかありますが、そのブランドを使っても時間を掛けて検証してもなんの効果がないもののほうが圧倒的に多いと思います。

 

 

ニキビなど治すのに時間が掛かる症状はリプロスキンなど高い浸透性の化粧水が最も有効的だと私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です